マネジメント能力とは、何かの事柄を管理したり、うまく運営したりする能力の事。企業の管理職や、新しく部下を持った責任者がマネジメント能力がなければ、会社の事業全体に発展をもたらすことができず、業績の低迷をまねくのは必須です。自身が責任と権限を持つ経営資源として力を発揮するためにマネジメント能力開発は、非常に大切な研修となります。

マネジメント能力開発研修のながれ

・研修をうける目的を意識しながらの自己紹介

・組織のコミュニケーションのあり方を考える

・信頼という意味をあらためて学ぶ

・職場の風土とは

・自身の職場の風土チェック

・風土の特徴とよりよい風土創りを学ぶ

・人間対応力のチェック

・自身の対人対応力を知る

・それぞれの対人対応力の違いによる接し方を学ぶ

・自信と他人との違いを知る

・心を傾けて人の話を聴く訓練をする

・人に気づきを与える傾聴法を学ぶ

・良い質問は相手を伸ばすことを学び質問力を鍛える

・他の人の力を引き出すコーチングを学ぶ

・この研修を受けて実践したいことを発表する。